運転者と歩行者のマナー

運転者も歩行者もマナーのある行動をしなければいけません。お互いが気を付ける事によって事故が発生する確率を軽減できますので、普段から注意してみる必要があります。
ドライバーが注意したい事としてはやはりスピードです。路肩を歩いている歩行者がいるにも関わらず、スピードを落とさないような運転では歩行者側も恐怖を感じてしまいます。歩いているのが大人ならまだしも、子供の場合ですと飛び出す可能性がゼロではありませんので、安全の為にも徐行をして通過するようにした方が良いでしょう。
車優先の運転をしない事も大切です。例えば信号の無い交差点を走行する際、歩行者がいる場合は歩行者が優先となっていますので、ドライバーは停車する必要があります。車が優先になっている事が多いという現実もあるようですが、歩行者が優先ですので該当する場合は日々の運転方法を改めてみると良いでしょう。
歩行者側も守るべきマナーがありますが、例えば道路を横断したい時にはきちんと横断歩道を利用して渡るようにする事です。横断歩道が遠い場所にある場合、適当な場所から渡る歩行者も少なくありませんが、そのような行動はドライバー側からしても怖いものです。また、自身の危険にもなりますので、身の安全の為にも注意が必要です。

コメントは受け付けていません。