聴覚障害者標識(聴覚障害者マーク)

運転免許を取得した聴覚障碍者は聴覚障害者マークを運転している車に取り付ける義務があります。
友達の車で運転する場合やレンタカーを借りる場合でもこのマークを忘れずに持って行くようにしてください。
マグネット形式なら簡単に貼り付けられます。
これは車の前面と後部と両方に着ける必要がありますが、対象となる方が取り付けていない場合には罰則の対象となります。4000円の罰金と罰則点数が一点になるのです。
また他の車にもこのマークを付けている車に対しては科せられる義務があるのです。
やむを得ない場合は別として無理な割り込みや幅寄せなどは禁止されています。
もしもこれを犯してしまった場合には罰金があるのです。他にも罰則点数が1点になります。車の種類によって罰金の額が違いますが知らないではすませられませんので気を付けてください。
そして聴覚障害者のマークをつけている方にクラクションを鳴らすことはやめましょう。全く聞こえないというわけではありませんが何かを伝えたいときにクラクションを鳴らしても伝わらない場合もあります。
マークは緑色の円形の背景に黄色い蝶のイラストになります。
昔に免許を取得した方は知らない方もいるかも知れませんが、確かめておきましょう。

コメントは受け付けていません。