初心者運転標識(初心者マーク)

自動車を運転する上で心がけるべきことと言えば安全運転ですが、具体的にどういった安全を心がけたら良いかを考える際には、ポイントを絞った考え方をすることが大切です。
例えば、初心者マーク(正式名称は、初心運転者標識)というものがあります。これは、普通自動車免許の取得者で、この免許を受けていた期間が、通算して1年に達しない人が表示対象者となるマークです。もし表示をしない場合には、道路交通法違反に該当して、4,000円の反則金と行政処分点数1点といった罰則があります。
注意したいのは、反則金をとられるから、減点対象になるから、といったことを理由にしてこのマークを付けないことです。運転に対して初心者であることを周りのドライバーに知らせることは、自分の身を守ることにつながります。このマークの表示を見たドライバーは、初心者であることをすぐに察知することができますから、それだけ運転に気を遣えることになり、安全性を高めることができるわけです。
なお、このマークを表示している車に対しては、危険防止などのやむを得ない場合を除いて、幅寄せをしたり、割り込みをしたら、道路交通法違反になり、こちらも罰金や減点の対象となります。

コメントは受け付けていません。