横断中の歩行者の保護

花05自動車やバイクの運転中には、横断歩道もしくは自転車横断帯を移動している人々の安全に留意することが求められます。動力が搭載されている乗り物は、低速であると運転者が思い込んでいたとしても気を抜くことはできません。歩行者と衝突してしまうと、相手方に甚大な被害を与えてしまいかねないからです。したがって、自転車横断帯などの場所で歩行者を保護することはもちろん、それ以外の場所でも十分に気を付けながら操縦することが求められます。
日ごろの操縦の癖を認識しながら間違いを矯正すると、自転車横断帯などの通行が許可されている歩行者との接触事故を防げます。歩行者が横断していないと考えられる場面でも、右左折時には後方の状況をバックミラーで確認すると効果的です。さらに、目視も組み合わせたダブルチェックを実施すれば、より一層の安全が担保された状態になります。
走行中に、よそ見や考え事をしないようにすることも大切です。操縦から意識が離れているだけで、とっさの反応が遅くなってしまうことがしばしばです。気を張り詰めながら操縦の操作を行うというわけではありません。適度に気持ちをリラックスさせた状態を維持しながら、歩行者を保護するように努めるということです。

コメントは受け付けていません。