歩行者のそばを通るときの注意点

Ð0é00Á0å0ü0ê0Ã0×00¬0ü0Ù0é00«0é0ü00¢0Í0â0Í0j0i00±‚n0cd0JŒK0j0hˆÅ`„0r‚i_Ž’0ÎS2“0

Ð0é00Á0å0ü0ê0Ã0×00¬0ü0Ù0é00«0é0ü00¢0Í0â0Í0j0i00±‚n0cd0JŒK0j0hˆÅ`„0r‚i_Ž’0ÎS2“0

公道で自動車を運転していると、道路脇などに歩行者を見つけることができます。専用の歩道などが設けられている道路の場合では、あまり気にすることも少ない傾向にありますが、細い路地などを走行していると、人との間隔が非常に狭くなってしまうケースも見られます。このような道路では常に人の動きを見極めることが大切になりますが、道路の標識などを十分に把握した上で制限速度を守って走行させることも大切な部分になります。また、大きな道路であっても横断歩道を横切る場面もあります。一般的には右左折を行う場面がメインとされていますが、横断歩道を歩く人には十分に配慮することが必要です。急に方向転換などを行う方も存在しているために、危険に感じる場面では、一旦停止を行って十分に安全が確保できた場合に走行を開始することが基本とされています。直線道路であっても場所によっては横断歩道が用意されている道路も存在しています。このタイプの道路では、信号機が無い状態であっても、横断しようとしている人がいる場面では、必ず徐行、若しくは一時亭を行うことが前提とされていて、人が歩行することを最優先にすることが基本的なルールになり、自動車を運転中には常に的確な判断が求められています。

コメントは受け付けていません。