‘未分類’ カテゴリー

聴覚障害者標識(聴覚障害者マーク)

運転免許を取得した聴覚障碍者は聴覚障害者マークを運転している車に取り付ける義務があります。
友達の車で運転する場合やレンタカーを借りる場合でもこのマークを忘れずに持って行くようにしてください。
マグネット形式なら簡単に貼り付けられます。
これは車の前面と後部と両方に着ける必要がありますが、対象となる方が取り付けていない場合には罰則の対象となります。4000円の罰金と罰則点数が一点になるのです。
また他の車にもこのマークを付けている車に対しては科せられる義務があるのです。
やむを得ない場合は別として無理な割り込みや幅寄せなどは禁止されています。
もしもこれを犯してしまった場合には罰金があるのです。他にも罰則点数が1点になります。車の種類によって罰金の額が違いますが知らないではすませられませんので気を付けてください。
そして聴覚障害者のマークをつけている方にクラクションを鳴らすことはやめましょう。全く聞こえないというわけではありませんが何かを伝えたいときにクラクションを鳴らしても伝わらない場合もあります。
マークは緑色の円形の背景に黄色い蝶のイラストになります。
昔に免許を取得した方は知らない方もいるかも知れませんが、確かめておきましょう。

身体障害者標識(身体障害者マーク)

身体障害者マークというものがあるのをご存じでしょうか。
これは信太障害者で運転免許を取得している方が車に表示するマークになります。
実はこれは義務ではなくできるだけ身体障碍者が貼り付けることを推奨されているだけにすぎません。
マークは青い背景に白いよつばのクローバーのイラストが描かれているデザインになります。
これは身体障碍者である運転者を保護するためのマークなのです。
万が一事故があった時にこのマークが張り付けられていれば自力で脱出できないことが分かります。救急隊員が来た時にはすぐに配慮してもらえるのです。
そして周囲の人に体が不自由であることをアピールであるため喧嘩などのトラブルを避けることもできるのです。
一番の効力を発揮するのは駐車場で停める時になります。身体障碍者用の駐車スペースは便利なところにあり、楽に乗り降りができるようになっていますが、このマークをつけている方なら駐車することができます。
身体障碍者用の駐車スペースは実は同乗者が身体障碍者である場合も使うことができますが、マークがあれば他のお客とのトラブルを防ぐこともできます。
付けることが義務でないにしろ付けているほうがメリットがあるので極力付けてください。

高齢運転者標識(高齢者マーク)

花07自動車と言うのは、大変利便性に優れたアイテムですが、実際に路上に出て走る時には、周りの人と意思の疎通を図りながら、運転することが大切です。そうすることで、円滑に行動することができるだけでなく、安全な運転をすることができますから、交通事故の防止につながります。
意思の疎通の図り方には、色々なものがありますが、運転中に何もアクションを起こさなくてもそういったことができる便利なアイテムがあります。それが、高齢者マークです。正式名称は、高齢運転者標識と言い、他の呼び方としては、シルバーマーク、または2色で紅葉のように見えることで、もみじマークと呼ばれていましたが、最近は、落ち葉や枯葉のようでイメージが良くない、ということから、4色のカラフルなデザインのマークが採用されています。
こういった理由からのデザイン変更と言うのは、細かなことのように感じる方もいるかもしれませんが、何か物事を始める時と言うのは、気持ちから入ることも大切です。身体機能の低下で、思うように体を動かせなくなった人を労るという気持ちを、細かな部分から持つようにすることで、運転中にも、心に余裕を持って対応できるようになれるものです。
ちなみに、このマークを表示しないからといって罰則はありませんが、周りの人へ注意を促す意味もありますから、少しでも不安があるのなら、表示しておいた方が良いでしょう。

初心者運転標識(初心者マーク)

自動車を運転する上で心がけるべきことと言えば安全運転ですが、具体的にどういった安全を心がけたら良いかを考える際には、ポイントを絞った考え方をすることが大切です。
例えば、初心者マーク(正式名称は、初心運転者標識)というものがあります。これは、普通自動車免許の取得者で、この免許を受けていた期間が、通算して1年に達しない人が表示対象者となるマークです。もし表示をしない場合には、道路交通法違反に該当して、4,000円の反則金と行政処分点数1点といった罰則があります。
注意したいのは、反則金をとられるから、減点対象になるから、といったことを理由にしてこのマークを付けないことです。運転に対して初心者であることを周りのドライバーに知らせることは、自分の身を守ることにつながります。このマークの表示を見たドライバーは、初心者であることをすぐに察知することができますから、それだけ運転に気を遣えることになり、安全性を高めることができるわけです。
なお、このマークを表示している車に対しては、危険防止などのやむを得ない場合を除いて、幅寄せをしたり、割り込みをしたら、道路交通法違反になり、こちらも罰金や減点の対象となります。

初心運転者の保護

一応運転免許があれば車の運転ができます。しかしそれまでは共感と一緒に運転していたものを免許を取得した瞬間から一人で運転できるようになりますので不安があります。
まだ交通の勝手なども分からない状態で運転する初心者のために若葉マークがあるのです。免許を取得してから一年以内の方が就けるマークです。
これはその名の通り若葉の形をしたマークなのですが、これを車に貼り付けることにより自分が運転に慣れていないことをアピールできます。
若葉マークを張り付けることは義務であり免許を取得してから一年間必ず付けなければいけません。後ろに必ず貼り付ける必要があります。
また逆に一年を過ぎているのにも関わらず若葉マークをつけることも違反となります。それでは若葉マークの人を見つけたときにはどうすればいいのでしょうか。まだ運転に慣れていないということであおるのはやめましょう。そして少しもたついてしまうこともありますがイライラせずに広い心で見守ってください。
基本的に相手が若葉マークだからと言って具体的にこうしなければいけないということはありません。
また若葉マークの人が加害者となるような事故を起こしたときもベテランドライバーと同じように責任を課せられます花06

子どもや身体の不自由な人の保護

交通事故の防止には、普段から交通ルールを守りることはもちろんですが、それに加えて譲り合いの気持ちを持つことが重要です。
日本では、自動車やバイク、自転車などの乗り物を公道で運転しているとき、歩行者の安全に配慮することが義務付けられています。
その中でも、とくに配慮が必要な場合を知っておくことで、運転者も歩行者もマナーを守って安全に通行することができます。
例えば、子供の一人歩きや高齢者など、危険を察知することが遅れる可能性がある歩行者に対しては、通常より注意して、徐行や一時停止などを行い、安全に通行させることが大切です。
また、歩行補助車や車いすの使用者に対しても、視界が低いことやとっさの方向転換が難しいことなどから、安全に気を配って徐行や一時停止をする必要があります。
そして、視覚障害のある歩行者は、白い杖や黄色い杖を使用していたり、白いハーネスを装着した盲導犬を連れています。
自動車などの運転者が安全な通行に配慮をすることはもちろん、歩行者としても困っている様子がないか気にかけることが必要です。
もし、通行の手助けが必要だと感じたら、緊急の場合を除き、いきなり手を出すのではなく必ず声をかけて、どのような方法で補助をすれば良いか訊ねることが大切です。

横断中の歩行者の保護

花05自動車やバイクの運転中には、横断歩道もしくは自転車横断帯を移動している人々の安全に留意することが求められます。動力が搭載されている乗り物は、低速であると運転者が思い込んでいたとしても気を抜くことはできません。歩行者と衝突してしまうと、相手方に甚大な被害を与えてしまいかねないからです。したがって、自転車横断帯などの場所で歩行者を保護することはもちろん、それ以外の場所でも十分に気を付けながら操縦することが求められます。
日ごろの操縦の癖を認識しながら間違いを矯正すると、自転車横断帯などの通行が許可されている歩行者との接触事故を防げます。歩行者が横断していないと考えられる場面でも、右左折時には後方の状況をバックミラーで確認すると効果的です。さらに、目視も組み合わせたダブルチェックを実施すれば、より一層の安全が担保された状態になります。
走行中に、よそ見や考え事をしないようにすることも大切です。操縦から意識が離れているだけで、とっさの反応が遅くなってしまうことがしばしばです。気を張り詰めながら操縦の操作を行うというわけではありません。適度に気持ちをリラックスさせた状態を維持しながら、歩行者を保護するように努めるということです。

歩行者のそばを通るときの注意点

Ð0é00Á0å0ü0ê0Ã0×00¬0ü0Ù0é00«0é0ü00¢0Í0â0Í0j0i00±‚n0cd0JŒK0j0hˆÅ`„0r‚i_Ž’0ÎS2“0

Ð0é00Á0å0ü0ê0Ã0×00¬0ü0Ù0é00«0é0ü00¢0Í0â0Í0j0i00±‚n0cd0JŒK0j0hˆÅ`„0r‚i_Ž’0ÎS2“0

公道で自動車を運転していると、道路脇などに歩行者を見つけることができます。専用の歩道などが設けられている道路の場合では、あまり気にすることも少ない傾向にありますが、細い路地などを走行していると、人との間隔が非常に狭くなってしまうケースも見られます。このような道路では常に人の動きを見極めることが大切になりますが、道路の標識などを十分に把握した上で制限速度を守って走行させることも大切な部分になります。また、大きな道路であっても横断歩道を横切る場面もあります。一般的には右左折を行う場面がメインとされていますが、横断歩道を歩く人には十分に配慮することが必要です。急に方向転換などを行う方も存在しているために、危険に感じる場面では、一旦停止を行って十分に安全が確保できた場合に走行を開始することが基本とされています。直線道路であっても場所によっては横断歩道が用意されている道路も存在しています。このタイプの道路では、信号機が無い状態であっても、横断しようとしている人がいる場面では、必ず徐行、若しくは一時亭を行うことが前提とされていて、人が歩行することを最優先にすることが基本的なルールになり、自動車を運転中には常に的確な判断が求められています。

運転者と歩行者のマナー

運転者も歩行者もマナーのある行動をしなければいけません。お互いが気を付ける事によって事故が発生する確率を軽減できますので、普段から注意してみる必要があります。
ドライバーが注意したい事としてはやはりスピードです。路肩を歩いている歩行者がいるにも関わらず、スピードを落とさないような運転では歩行者側も恐怖を感じてしまいます。歩いているのが大人ならまだしも、子供の場合ですと飛び出す可能性がゼロではありませんので、安全の為にも徐行をして通過するようにした方が良いでしょう。
車優先の運転をしない事も大切です。例えば信号の無い交差点を走行する際、歩行者がいる場合は歩行者が優先となっていますので、ドライバーは停車する必要があります。車が優先になっている事が多いという現実もあるようですが、歩行者が優先ですので該当する場合は日々の運転方法を改めてみると良いでしょう。
歩行者側も守るべきマナーがありますが、例えば道路を横断したい時にはきちんと横断歩道を利用して渡るようにする事です。横断歩道が遠い場所にある場合、適当な場所から渡る歩行者も少なくありませんが、そのような行動はドライバー側からしても怖いものです。また、自身の危険にもなりますので、身の安全の為にも注意が必要です。